スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
寒の戻りがひどい
2010/04/22(Thu)
まさか畑で野菜を作り始めての初年度に
こんな記録的な寒の戻りを体験するとは
思いませんでした。

家庭菜園の規模とはいえ、けっこう甚大な被害を受け
今は生き残りの小さな苗たちを大事に育てています。

しかし少ないながらも収穫もあるので
なんだかんだで楽しい毎日です。

ソラマメも来週には本格的に収穫できそうですので
その様子もまた改めてUPしたいと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
寒の戻り
2010/04/15(Thu)
ようやく発芽した夏野菜にとって寒の戻りは致命的です。

つい先日ナス・ロジータを全滅させたことを教訓にして
ここ2日ほどは苗を室内で過ごさせています。

来週あたまからは気温も上昇する予報ですので
この週末を気を抜かずに乗り切りたいと思います。

スナップエンドウは今からが旬ですが、
うちで栽培しているのは早生種だったので
もう花も少なくなってきましたが、
入れ替わりでソラマメが収穫間近です。
この記事のURL | 日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
フローレンスフェンネル 大きくなった
2010/04/10(Sat)
フェンネル


去年の秋に苗で購入したときは10センチだった
フローレンスフェンネルがこんなに大きくなりました。

うまく育てば最終的には2メートルくらいになるらしいですが、
ミニフェンネルの方が香りもマイルドで食感も柔らかいので
来週には収穫しようかと思っています。
この記事のURL | フェンネル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レモングラス 定植
2010/04/10(Sat)
レモングラス


去年の株は冬越しに失敗して枯れてしまったので
2株購入して畑の隅っこに植えつけました。
熊本の夏の暑さは東南アジア並みですので
すぐにレモングラスティ飲み放題になるでしょう。
この記事のURL | レモングラス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミョウガ 発芽
2010/04/10(Sat)
ミョウガ

地下茎を植え込んでから2ヶ月、
ようやくミョウガが発芽しました。

待てども生えてくるのはドクダミばかりだったので
失敗だろうと思い、しばらく見回りもやめていましたが、
久しぶりに覗いてみるとキレイな新芽が出ていました。

日陰でも栽培可能な貴重な野菜。
家の影にあたる北側のスペースで頑張っています。
この記事のURL | みょうが | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タンブリング・トム 発芽
2010/04/10(Sat)
pomo


這性のミニトマト「タンブリング・トム」です。

2月に播種したものは失敗してしまいましたが、
3月に蒔いた分は赤と黄の両方ともに発芽しました。

普通のトマトは茎と葉を上へ上へ伸ばしますが、
このタンブリング・トムは下へ向かって蔓を伸ばし
容器から溢れるような感じで成長します。

トマトは長雨に当たるとうまく収穫できないので
日当たりが良く雨も当たらないテラスに吊るして
栽培すればベストだとこの品種を選択しました。

しかしハンギングバスケットを買い揃えるのも馬鹿馬鹿しいので、
テラスの段差でも使って栽培しようと思います。


この記事のURL | ミニトマト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ケッパー とうとう発芽
2010/04/07(Wed)
capperi

たまに水遣りを忘れてカラカラに乾かしたり、
逆に急な大雨で水没させてしまったりと
厳しい環境でしたが、ようやく発芽しました。

種まきから3ヶ月ちょい。長かった。
種袋には、発芽は3ヶ月から1年と書いてあったので
どちらかというと早い方かもしれませんが、
やはり実際に育てていると長いですね。

とりあえず明朝は霜注意報が出ているので室内避難。
高温には強いですが、低温に対する抵抗力は弱いです。

イタリアでは気温40度近い過酷な環境で
大きくなり、美しい花を咲かせるケッパー。

もちろん蕾を収穫し純国産の塩漬けケッパーを作ることが
第一目標なのですが、そのキレイな花が庭にあり、
それに囲まれて生活するのも楽しみでしょうがないです。
この記事のURL | ケッパー | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ルッコラ・セルバティカ 急成長
2010/04/07(Wed)
servatica

なかなか生長しないとそのスピードの遅さを嘆いていたら、
あれから4、5日で約2倍の大きさになっていました。

間引きついでに食べてみるとシャープな辛味に驚きます。
さすがはセルバティカ(野生種)。

いくつか育苗ポットに移し変えて、日照時間や
土壌環境での味の違いを試してみたいと思います。

現時点ではイタリアでの食したものにも
決して劣らない予想以上の出来です。

この記事のURL | ルッコラ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スナップエンドウとルッコラのパスタ
2010/04/06(Tue)
pasta

採れたての野菜はシンプルな調理が好みです
先日の夕食は収穫したスナップエンドウと
ルッコラの間引き菜を使ったアーリオ・オーリオ。

ravanello

間引きしたラディッシュを葉つきの状態で
アンショビオイルでソテーしただけでも
採れたてならではの味わいで絶品でした。

こういう料理、心底好きなんですよね。
この記事のURL | 日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ミント類
2010/04/06(Tue)
ミント系の繁殖力は他の植物を駆逐するほどなので
雑草対策も兼ねて畑の周辺の雑草のなかへ
植えつけたのが数週間前。

植えたときは小さかったのに、ほんのちょっと
目を離していたら急成長していました。



スペアミント
スペアミント(写真ブレました)
アジア風のサラダに入れても美味しいし、
イタリアでは青魚の料理などでも活躍します。

ペパーミント
ペパーミント
葉は固くて食用には向きませんが、個人的に
とても大好きな香りなのでよく嗅いでいます。

オーデコロンミント
オーデコロンミント
なんかの香りに似ているなと思っていたら、
カクテルのマティーニにソックリでした。
同級生のバーテンダーに確認してもらったところ、
やはりマティーニの香りだとお墨付きを頂きました。


グランドカバーにコルシカミントが欲しかったのですが、
この生長スピードを目の当たりにすると少し考えてしまいます。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イタリアンダンデライオン 発芽
2010/04/03(Sat)
ダンデライオン


予想よりだいぶ早く発芽しました。
いかにもチコリらしい新芽です。

やはり家庭の食卓には使いづらい野菜なので
ほんの少量のみの実験的な栽培なのですが、
ソテーして塩コショウとバルサミコかけたら
絶対に美味しいと今から勝手に想像しています。
この記事のURL | 食用タンポポ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ルッコラ・セルバティカ 少し生長
2010/04/02(Fri)
セルバティカ


ドクダミやらクローバーやらが生えてきてしまい
雑草と区別がつかなくなったセルバティカ(笑

でも以前に比べるとだいぶ大きくなりました。

もう少し生長したら、特徴的なギザギザの
葉っぱになって判別可能になる予定。

間引きと移植はそれからしようかな。
この記事のURL | ルッコラ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エダマメ類 発芽
2010/04/02(Fri)
エダマメ


茶豆をはじめ、数種類のエダマメが発芽しました。

豆類の根には、空気中の窒素分子を土壌に取り込むことが出来る
根粒菌がいるため、化学肥料を使用しない栽培方法においては
非常に有益な効果が期待できます。

生長に多量の窒素分を消費するナス科の野菜などと混植すると
コンパニオンプランツとして最大限の働きをしてくれますが、
野菜の中でもナス科もマメ科は連作に特に弱い部類なので
あまり調子に乗って植えまくっていると、来年以降に
植える場所が無くなってしまうところが悩ましいです。

この記事のURL | エダマメ(茶豆etc...) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チーマディラーパ けっこう生長
2010/04/02(Fri)
チーマ


鳥につつかれながらも元気に成長中。

いい感じで大きくなってきました。
なんでこの野菜だけが狙われるのか謎ですが
少しくらいなら問題はないようです。

でも第二弾はちゃんと不織布をかけて
鳥対策をしてあげようと思います。
この記事のURL | チーマ ディ ラーパ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴーヤ 発芽
2010/04/02(Fri)
トンネル


不織布トンネルの中でゴーヤがようやく発芽しました。

夏場は西日のシェードとして活躍してくれます。

品種は苦味が少ない沖縄のあばしゴーヤを選びましたが、
どうやらそれはタイ料理やベトナム料理に使う
マラキーノックというゴーヤと同じと言うことでした。

アジア野菜のカテゴリーにひとつ追加です。
この記事のURL | マラキーノック(ゴーヤ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ナス・フィレンツェ 発芽
2010/04/02(Fri)
ナス


とうとう長い沈黙を破り、ナスフィレンツェ発芽。

温度が高すぎて種が休眠状態に入ってしまったのかと
心配していましたが、とりあえず良かったです。

まだ一つだけですけどね。

この記事のURL | ナス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スイスチャード 発芽
2010/04/02(Fri)
ブライトライト


「最も美しい野菜」という異名もあるスイスチャード。

和名でフダンソウと呼ばれる野菜のカラフルバージョンです。
赤や黄色の茎を持つ鮮やかな姿は、お皿の上を
より華やかに彩ってくれることでしょう。楽しみです。
この記事のURL | スイスチャード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白インゲン 定植
2010/04/02(Fri)
インゲン


頂き物の有機栽培の白インゲン豆が台所にあったので
植えてみたら元気に発芽しました。

冷涼な気候を好み、暖地でも花が咲くまでは栽培も容易ですが、
北海道の夏くらい涼しくないと結実しないらしいです。

熊本での栽培は無謀ですね(笑)

とりあえず収穫さえできれば大成功でしょうから、
ひとつかみの収穫を目指してがんばります。


この記事のURL | 白インゲン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コリアンダー 発芽
2010/04/02(Fri)
コリアンダー


コリアンダー、発芽です。
小さくてもちゃんと香りと形はパクチーです。

去年はフォーとタイ風刺身に数回しか使った記憶がなく、
家庭用としては2株でも十分だったのですが、
やはり無いとアジア料理の味は決まりません。

もう少し暖かくなったら、タイ料理やベトナム料理用に
ホーリーバジル、タイバジルも少しだけ栽培予定です。

欲しいものはキリがないのですが、それに加えて
こぶミカンとレモングラスが一株づつでもあったら
嬉しいなぁ。持て余すでしょうけど(笑
この記事のURL | コリアンダー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。